簡易加湿器を手作りして対策

| 未分類 |

冬はとても乾燥する季節になりますので、適度な湿度を保つことが美容にも健康にも必要になってくるのです。
外に出れば木枯らしが吹いていますので、肌の潤いがいっぺんに持っていかれてしまいますし、部屋に入ればエアコンの空気でカラカラに乾燥してしまっているのです。
そんな時には加湿器を使用することが一番オススメな方法なのですが、置く場所がなかったり、少々高価なのでなかなか手が出せないという人も多くいます。
そんな時はおうちの中で簡単に手作りしてしまうことをおすすめします。
加湿器を手作りすると言っても電機部品を組み合わせるということは一切せず、家にある物だけで作ることができるのです。
ハンガーとタオルさえあれば誰にでも簡単に作ることができるのです。
作り方もとても簡単で、タオルを適度に湿らせてハンガーに干しておくだけなのです。
こうしておくだけで、湿ったタオルが乾く時に水蒸気が発生しますので、部屋の中を適度な湿度に保つことができるのです。
肌を乾燥させないためだけではなく、ある程度の湿度がないと病原菌も繁殖しやすくなってしまいますので、病気の予防にもなるのです。
美しく健康に冬を乗り切るためにはある程度の湿度は大切なのです。