濡らしたタオルを干してみる

| 未分類 |

冬になると湿度が低くなりますのでとても乾燥しやすい季節になります。
空気が乾燥してしまうことで、肌も乾燥してしまいカサついてしまいますし、病原菌も繁殖しやすくなってしまいますので風邪もひきやすくなってしまうのです。

 
そこでおすすめなのが、部屋に濡らしたタオルを干すという方法です。
この方法で加湿器がなくても手軽に部屋を加湿することができるのです。
加湿器は置き場所も必要になりますし、購入資金も必要になってしまいますが、タオルを部屋に干しておくだけなら今すぐにでも手軽に実践できますのでとてもおすすめなのです。

 
しかしこの方法には注意しなくてはならない点もあるのです。
濡れたタオルをそのまま干しっぱなしにしてしまうとそこからカビが発生してしまうということもあり得ますので、一度カラカラに乾かしたら洗濯をするということが重要です。
濡らし方にもポイントがあり、ただびっしょりにするだけでは水滴が床に垂れてしまい、それがカビの原因になってしまったり、床を腐食させてしまうということもありますので注意が必要です。

 
こういった幾つかの注意点を守ることで安全に、しかも手軽に部屋を加湿することができるのです。
適度な湿度を保って健康的に過ごすことをおすすめします。